メールやLINEで恋人と喧嘩にならないための4つのコツ

shutterstock_89703610 - コピー

メールで喧嘩!恋人とラブラブなメールを続ける4つのコツ

携帯が復旧している現在、恋人と携帯電話を使った喧嘩に発展するケースが多いと多いといいます。その中でも多いのが、LINEや、メールなど文字を使ったツールでの喧嘩です。

文字は相手に感情が伝わらないなめ、どうしても冷たい印象になってしまいがち。しかし、メールや、LINEは恋人達の必須ツールですよね。

つまらないことで喧嘩に発展しないためにも、今回は、メールやLINEで恋人と喧嘩にならないための4つのコツについて一緒に考えていきましょう。

勘違いされやすい言葉の後ろには絵文字をプラス

メールやLINEは、電話と違い自分の感情が上手に伝わりません。

相手に向き合って話すときや、電話だと、声の抑揚や、テンションなどがストレートに伝わるために誤解が少ないのですが、メールやLINEは声が伝わらないため、ちょっとした文章が誤解を生んでしまいます。

例えば、「○○してね」と言った後に「!」マークをつけたりすると、なんだか押し付けがましい印象の言葉に代わってしまったり、「馬鹿じゃないの?」という言葉の終わりに絵文字をつけないと本当に相手をけなしているような印象を与えてしまうおそれがあります。

こちらとしては、冗談のつもりでも、受け取る側がどういう風に感じ取るのは受けて次第の問題になってしまうのも、メールやLINEの怖い所です。

相手を知らないうちに、怒らせたり、傷つけたりする前に、勘違いされやすい文章の跡には必ず絵文字をつけてフォローしておきましょう。

思いやりのある優しいメール心がける

先ほども言いましたが、メールや、LINEは自分の感情をそのまま伝える事が難しいツールです。ですので普通の文章を書いているつもりでも、どうしても相手に冷たい印象を与えてしまうおそれがあります。

それを改善するためには、メールやLINEの文章を書くと気にできるだけ優しい言葉を使いわけるという努力をすることが大切です。

電話でなら冗談が通じますが、メールやLINEはニュアンスが通じない事もあり意外なところで相手を怒らせてしまいかねません。

そうならば逆に電話や、直接会ってはなかなか言えない優しい思いやりのあるメールの文章を送って見るのはいかがでしょうか?

「ありがとう」「大好き」「一緒に居てくれるのがうれしい」など自分のプラスの感情を文章にして送ってみましょう。

プラスの感情は文章にしても冷たい印象にならず、逆に相手の視覚から直接脳に届きますので、相手に自分の思いをストレートに伝える時にはそちらの方が好都合という事もあります。

普段言えない暖かい文章をぜひメールやLINEで送って見る事をお勧めします。

返信がなくても気長に待とう

LINEの既読無視なんていう言葉が最近よく耳に入ってきますよね。既読のマークがついているにもかかわらず、相手から返信がないと、正直ちょっぴり不安になる気持もわからなくはありません。

しかし、相手が学生ならまだしも、会社に勤めている会社員ならばすぐに返す事ができない状況もあるはずです。

貴方からのメールをいち早く見たい気持はあっても、見たと同時に上司から呼ばれ仕事を頼まれる事もあるかもしれませんよね。

男性は、女性が返信を待たずに何度もメールや、LINEを矢継ぎ早に送る事をあまり好ましく思わないと言われています。

返せない状況が申し訳ないのと、しつこくちょっぴり重いなと思う二つの心で気が重くなってしまうのだそうです。

彼氏から返信がなくても、焦らずに1日くらいじっくりまつ心の余裕をもってください。もし、それでも返信が無い場合「大丈夫?心配してるよ」の一言を送って様子を見てみましょう。

妄想は数回で留めるように努力する

彼氏にメールを送ったのに、返信が来ないと不安で色々な妄想をしてしまいますよね。
もしかし、違う女と一緒にいてメールが出来ない状況なのかも。何でメールが来ないのかな・・もうこんな時間なのに何をやっているの?と色々な妄想が頭の中を駆け巡るはずです。

でも、大抵はその妄想は当てになるようなものではありません。仕事でどうしても返せなかった。家に帰って疲れていてバタンキューだった。

会社の上司にいきなり飲み会に呼ばれてどうしても返事を返す事ができなかったなど、彼氏も色々事情があることがおおいのですね。

そういう妄想はすればするほどどんどん深い溝に落ちていきます。マイナス思考はやがて自分を縛り、苦しめる要素にしかなりません。もし、不安が襲ってきたら妄想を数回までと決めてあまり深く考えなくするようにしましょう。

例えば、「メールが来ない。飲み会に言ってるのかな?」「それとも忙しいのかな」「会社のトラブル?」この辺で妄想は十分です。

「もしかして・・・・」と考え始めるときりがなくなりますし、その妄想を彼にぶつけて喧嘩になってしまうこともあります。不安になったらとりあえず1日我慢してみましょう。次の日にメールがなければそこで貴方も出方を考えればよいのです。

いかがでしたか?今回は、メールやLINEで恋人と喧嘩にならないための4つのコツについてお話ししてみました。メールや、LINEは出来るだけ当たり障りのない会話をするためのツールとして使ったほうが得策かもしれません。

大切な会話は、直接相手の目を見て話すほうが、ずっと気持も伝わりやすくなりますよ。また、時々は、彼氏とメールの内容について話し合うのも良い方法です。

こういうメールを送ってしまったけど、悪気はなかったのなど、相手としっかり話し合うことでわだかまりも解消されラブラブがずっと続きますよ♪